ホームページの相場をタイプ別に教えてくれませんか?

キャンペーン実施中

低価格・高品質

事務所概要

お問い合わせはお気軽に

小さなビジネスの大きな味方|オールイットの【ビジネスパック】
tel:03-6869-7081
(番号をタッチして電話かけれます)

メールで無料相談・問い合わせ

サイトの目次を開く
ホームページ作成講座

ホームページの相場をタイプ別に教えてくれませんか?

生徒

なかなか難しい質問だね。相場かぁ。
先生にも答えにくいことがあるんですね。ホームページの相場のなにが難しいんですか?
ホームページの内容が少し違うだけで、全然作り方が変わるだろ。そもそも制作会社ごとに作り方も違うし。だから一概に「このホームページならこれくらいお金がかかる」というのを言えないんだ。
でも、一応の相場を知らなきゃ、見積りの金額が怪しく見えますよ。
それもそうなんだ。だから、依頼する方法や依頼する制作会社によって金額はぜんぜん変わるよということを前提に、大体の目安について話してみるよ。
助かります! いったい予算をどれくらい用意すればいいかのヒントにもなりますし。

ホームページの相場
詳しく解説しましょう!

月額無料で安くホームページを作る方法はこちら

【ビジネスパック】

詳しく見てみる

「ホームページ制作費の相場は?」と制作側に問うと「そんなものはない」という答えが結構な割合で返ってきます。

なぜなのか? 家を作るのと同じで、作りたいホームページの内容が少し変われば、制作に関わる人員や必要な材料は大きく異なり、制作にかかる作業の量と質も全然違ったものになってしまうからです。

だから単純に「こういうホームページなら〇〇万円」という目安を出すのが難しいのです。そのため制作の現場では最初に依頼主へ予算を聞いて、その予算の中でベストなものを作ろうという方向で制作を進める傾向があります。

でも、それってあくまで制作側の都合ですよね、依頼者の立場としては、やっぱり大体でいいので「こういうホームページ=〇〇万円」という目安が欲しい。自分が作りたいホームページは普通ならいくらくらいするのかという相場を知りたいのです。

相場を知れば、今から工面しなきゃいけない予算の予定も組めますし、複数の制作会社から取った相見積もりのうち、どれが正当な金額なのか比較しやすくなります。ぼったくりや手抜きの被害に遭うことも避けられそうです

そこで、今回は無理を承知でホームページの相場についてまとめてみました。本当は見積りをとって初めて、ホームページの値段感が判明します。遠慮せずにどしどし見積り依頼をして欲しいところではありますが、その前に大体の目安を知っておくことで、少しでも安心感につながればいいなと思います。

それでは「〇〇円ならこれくらい」という形でホームページの相場について説明します。

0円! つまり無料でも可

究極に安くホームページを作成する方法。それは無料サービスです。

無料サービスを利用すれば、自分でデザインしなければならないという手間は発生しますが、費用はただ。とにかく予算がないんだという人は検討の対象にいれても損はないでしょう。

代表的なサービスとしてWIXを紹介しておきます。
WIXはこちら

WIXのような無料サービスを利用して作成する方法は、すでにデザインされたテンプレートのうちのひとつを選び、写真や文章を差し替えてながら完成へ近づけていきます。

少し前までは、デザインの質が悪く、いかにもな手作り感が溢れているテンプレートばかりでしたが、最近はなにもいじくらず、そのまま使ってもいいくらいにクオリティが高いデザインがそろってます。

無料サービスのメリットは、もちろん費用的な面が第一にきますが、作成する途中から完成後の更新作業まで自分で関わっていくことによって、さまざまな知識とスキルが身につくところもあげられます。

多くの場合、最初は予算をかけられなくても、軌道に乗れば、よりお金をかけたリニューアルを行います。無料サービスに触れておくことで、身についた知識とスキルは将来的に活用できる資産となります。次に本格的なホームページを作成するとき、失敗のリスクを減らせます。

デメリットとしては、やはり手間です。テンプレートがすでにあっても思い通りのデザインにするには、かなりの期間をPCと向き合うことになるでしょう。制作中のストレスは大きく、途中で中途半端に諦めるひとも多いです。それまでの時間は当然無駄になります。そんな場合は、最初から業者へ依頼しておけばよかったという後悔だけが残ります

したがって、無料サービスを利用するときは、ただ安さだけを理由に選ぶのではなく、ホームページとの接し方についても検討しておくべきでしょう。以下で紹介する格安業者を選ぶときも実は同じです。制作費の高い安いの差には必ず理由があります。単に相場を知り、予算がその相場に合っているからといって、安易に業者を選ぶのではなく、料金にはなにが含まれているのかを必ず明らかにして依頼へと進むべきです。

5万円〜10万円以下

いわゆる格安業者と分類される制作会社です。デザインは既存のテンプレートから選ぶことが多く、料金に含まれている基本の作成ページ数は5~10ページくらいでしょうか。探せば同じ条件で5万円以下でも見つけることは可能ですが、テンプレートの質やサポート体制を考えると最低でも5万円というラインを下げるのはリスクが大きいと思います。

作成できるホームページのタイプは、シンプルなコーポレートサイトや店舗のホームページに限られます。一般の中小企業の会社案内、美容室や飲食店の店舗案内などが主な内容になります。最近増える独立型の整体やマッサージなども対象になります。行政書士や司法書士などを開業するとき、とりあえず名刺代わりになるホームページが欲しい、というような場合にも利用できます。

料金には、ホームページへ掲載する文章や写真を用意する費用は含まれてないところに注意です。どんな文章や写真を用意すればいいかを含め、ホームページの構成を企画してくれるための費用も含まれてません。あらかじめ自分でホームページの構想を練っておく必要があります。

いちおうデザインはテンプレートによるものなので、質は保てますが、全体的な内容は依頼主のセンスとスキルしだいという部分も多く、積極的に新しい顧客を開拓したいと考えるなら、依頼主に合わせたオリジナルの企画で作成を担当してくれる制作会社を頼ったほうがいいといえます。

ちなみに10万円以下でホームページを作りたい方法について、こちらでも特集してます。
「予算 10万円以下」安いホームページの作り方はないですか?

再び、ちなみに手前みそですが、私たちオールイットもこの価格帯でホームページの作成サービスを提供しております。同価格帯の制作会社と比較すると珍しく、企画とオリジナルデザインを料金に含んでいます。なぜ、この価格でこれほど質にこだわることができるのかについてはトップページから見ていただければ、理解していただけると思います。
月額無料の格安ホームページ「ビジネスパック」

30万円~50万円

オリジナルの企画でホームページを作りたい場合の相場です。ホームページを作る目的やどんなホームページにしたいかを伝え、カスタムメイドでホームページを作ってもらえます。ネットでよく見られる「わりといい感じのホームページ」はこの価格帯のものが多いと思います。

すごくシンプルですが、30万円の内訳の例です。

  • 企画提案:50,000円
  • トップページデザイン 50,000円
  • 下層ページ 125,000円(25,000円 x 5ページ)
  • お問い合わせフォーム 20,000円

これで「245,000円」です。この金額はかなり良心的な部類に入ります。本当はデザインとは別にコーディング費も発生します。デザインをホームページとして見られるデータへ変換する作業のことをいいます。この内訳例では、コーディングを含めたデザイン費用として計上してます。

ここにも格安業者と同じく、文章や写真を揃える費用は含まれてません。自分で用意するという前提です。もし自分で用意するのが困難な場合は、カメラマンやライターを制作会社経由で調達することになります。その際は別途費用が発生するので、値段は一気に跳ね上がります。

50万円〜100万円

オリジナルの企画で、文章や写真などの用意も制作側へ負担させる場合は50万円を下ることはないでしょう。

ネットショップのような特別な機能を持つサイトもこの値段くらいから実現可能になります。Baseのような無料のネットショップ作成サービスも有りますが、本格的な企画をもとにネットショップを開設しようとすると、この値段くらいは予算として確保しておくことが求められます。
参考:無料でネットショップ作成 BASE

また、デザインにオリジナルのイラストを利用したり、スライドショーやアニメーションのような特殊効果も活用すれば、いきなり50万円が80万円へというように金額が倍増してしまうことも珍しくありません。

100万円以上

ひとつホームページだけを作ることを目的とせず、ホームページを中心に構えたビジネスモデルを構築する場合は予算が100万円を超えることも普通です。

制作チームへ巻き込む人員は、ウェブデザイナーだけでなく、マーケティングの専門家やコピーライターなども含みます。総合的にホームページをどのように活用してビジネスチャンスをものにするのかを深く協議してから制作を進めていきます。

デザインはホームページだけに適用するだけでなく、ブランド戦略にも利用されます。各媒体で利用するパンフレットや広告宣伝用のチラシなど、デザイン物はホームページも含めカラー(雰囲気)に統一されます。ロゴなどはその代表で、会社のポリシーを記号的に反映し、会社の顔として恥ずかしくないクオリティで、なおかつ、人々の記憶に残る独自性を求めてデザインされます。

いま、この講座を読んでいる方にはまだ敷居が高い話かもしれませんが、社運をかけたキャンペーンを行う際には、思い切った投資にでる勇気も必要になります。このあたりの金額のサイトがどのような働きをしているのかを知っておくことに損はないでしょう。

以上、値段帯べつにどんなホームページを作れるのかを説明してきました。正直、乱暴な分類になってしまったことは否めません。冒頭でも触れていますが、相場を知る一番の方法は実際に見積りを依頼してみることです。複数の業者から見積をとって、平均値を出せばそれがあなたが求めているホームページの相場ということになります。

格安・月額無料のホームページの作り方はこちら

【ビジネスパック】

実は私たちも「ビジネスパック」というホームページ作成サービスを提供しています。予算にあまり余裕がない個人事業主さま・中小企業主さまへ大変好評をいただいてます。初期費用90,000円、月額費用は不要です。価格だけでなく品質にもこだわってますので、ぜひ一度ご検討よろしくお願いいたします。

詳しく見てみる

ビジネスパックの特長

安くて高品質なホームページの作り方はこちら