評判の良いホームページ制作会社の選び方ってあるの?

キャンペーン実施中

低価格・高品質

事務所概要

お問い合わせはお気軽に

小さなビジネスの大きな味方|オールイットの【ビジネスパック】
tel:03-6869-7081
(番号をタッチして電話かけれます)

メールで無料相談・問い合わせ

サイトの目次を開く
ホームページ作成講座

評判の良いホームページ制作会社の選び方ってあるの?

生徒

あるよ。やっぱり知人や友人からの紹介は信用できるね。実体験によるものだから。
それが、まわりをあたっても予算にあうところが見つからなくて。
だったらネットで検索するしかないね。間違っても電話で営業してくる業者はだめだよ。
え、なぜですか? こないだ思わず契約しかけましたよ。
だめ、絶対。電話してくるということはネットで集客ができてない証だから。ネット集客のノウハウを持つ業者は電話や訪問での営業をする必要がないだろ。
そう言われたら、そうですね。
ネットを検索して、ちゃんと上位表示に成功している業者を選ぶべきだね。あとは料金やサポート対応の仕方を比較してみるといいよ。
なるほどです。じゃあまずは検索してみます!

評判の良いHP業者の探し方
詳しく解説しましょう!

創業8年! なかなか良い評判を得ています

【ビジネスパック】

詳しく見てみる

1. まずは知人に聞いてみる

もし私自身がホームページの制作会社を探さなければいけないとしたら…

やっぱり最初はビジネス仲間や友人などまわりに、どこか評判の良い制作会社を知らないか聞いてみます。

まわりを探せば、同じように商売用のホームページを持っている知人が少なからずいるはずです。ホームページを作ってみて、実際に集客や売上が向上した、という経験談を持つ人がいれば、積極的に話をうかがって、業者を紹介してもらいましょう。

かけたお金とできあがったサイトを教えてもらえば、コストパフォマンスがわかります。制作を進行する方法や制作途中のサポートや制作完了後のアフターフォローの質もちゃんと聞いておきます。

Webの制作業界は、わりと人づてに仕事を紹介しあっています。評判の良い制作会社に仕事は集まりやすい構造を持っているので、知人経由の紹介は結構な確率であてになると思います。

電話で営業してくる制作会社は選ばない

残念なことに、まわりから良い情報を得られない場合もあります。なかなか良い制作会社が見つからないと、電話や飛び込みで営業をかけてくる業者とふと契約してしまったりすることがあるのですが、これは絶対失敗します。

本来なら、ウェブ制作会社やSEO業者ほど、電話や訪問などオフラインでの営業をしなくて済むはずです。ウェブを活用したマーケティングやSEOについて熟知しているべきだからで、もしそれがうまくいっていれば、オフラインでの営業は不要です。

わざわざ電話や訪問で売り込んでくるということは、ネットでの集客がうまくいっていないということを自ら暴露しているのと同じです。そんな業者に依頼してしまわないよう注意しましょう。

ネットで検索する

まわりを探しても、予算や求めるクオリティなど条件に折り合いがつく制作会社が見つからなかったら、やっぱり頼る先はネット検索です。

今はYahooもGoogleも同じ検索結果を表示します。わざわざ二通りの検索結果を試す必要はありません。どちらか一方で検索すれば十分良さそうな業者を見つけられます。

検索するキーワードとして、希望する条件を表す語と商品名や業種の名称を組み合わせて検索すれば、求めている検索結果になりやすいです。

例えば、「月額無料 ホームページ」や「ホームページ 10万円以下」のような形です。「自分で更新できるホームページ」というのも、最近の傾向として求めている人が多いですね。

「ホームページ 初心者」のような語で検索すれば、ホームページの作成方法に関する情報も検索結果に並びますが、ホームページにあまり詳しくない初心者を大切にする制作会社も混じっています。

いくつかのキーワードを試しているうちに、なんとなくここに頼んでみようかなと思える制作会社のサイトが見つかります。見つかったサイトはブックマークに加えておいて、あとで比較しましょう。

制作会社のサイトのデザインと構成をチェックする

ウェブ制作会社のサイトを訪れて、最初にチェックしたいのは、サイト全体の作り方です。サイトのデザインや構成には、それを作った制作会社の性格がよく現れるからです。

見た目がごちゃごちゃしていて、なおかつ専門用語ばかりが並んでいるようなサイトを持つ制作会社は止めておいたほうが無難です。サイトを訪問するお客様の視線で物事を考えるのが苦手な可能性があります。

それとは逆に、分かりやすく作られたサイトは、サイト訪問者の気持ちを理解しようとする姿勢が現れているといえます。

料金システムがわかりやすいところを選ぶ

特に、制作会社を探しているとき心配なのが制作費についてです。制作費の大小は制作会社によってまちまちです。何を基準に料金が決まるのかいまいちわからないという声も多く、実際あなたもそう思っていることでしょう。

また、ホームページの制作費は、制作途中に生じる仕様の変更や修正の数で、申込時と最終的な金額に差が生じることが珍しくありません。

ホームページを作るには基本的には仕入れや材料費がかかりません。そんなホームページの値段は人件費がほとんどを占めます。制作にかけられる時間が長く、制作に求められる技術のレベルが高いほど、制作費は高くなります。ひとことで言い換えれば、良いものを作るにはお金がかかる、という料金の決め方です。

こういう決め方なので、レストランのメニューのようなあらかじめ決められた値段を見せるのが難しいというのも事実です。しかし、制作に必要な作業のいち部分をパッケージ価格にしたり、各作業の目安になる料金表を掲載していたり、料金システムが伝わりやすくなるように工夫をしている制作会社も多いです。

このような明瞭会計を心がけている制作会社を選んでおけば、料金面でのいざこざが起こるリスクを減らせますね。ぼったくられたとあとで感じることもないでしょう。

実績を確認する。お客様の声があればベター

料金に対して、どんなホームページを作ってもらえるのかは実績のページを見ればわかります。

制作会社のサイトには必ず、いままでの実績をまとめたページがあります。実績の中に、お客様からの体験談や感想を一緒に掲載しているサイトもあります。

わざわざ悪評を広めたい制作会社はいないので、掲載されたお客様の声は、良い評価ばかりが並んでいることが多いです。

しかし、手紙が集まっているということ自体に、お客様の意見を聞こうとしている制作会社の姿勢が表れています。このようなお客様の声に耳を傾けようとしている業者には、良い意味で当たりが多いです。

電話サポートがあるところは安心

ネットの環境が充実するにしたがって、今までは会って直接話すのが普通だった商取引きがメールだけで済まされることも普通になりました。

ホームページの制作業界でも、特に低価格の業者はメールだけで申し込みから制作完了まで進めるところも少なくないです。

すでに何度かホームページの依頼経験がある人で、制作会社への要望の伝え方に慣れているような場合なら、このようなメールだけの制作業者を選べば、費用も安く抑えられますし、無駄なやり取りによる時間のロスも避けられます。

でも、今回が初めての依頼という初心者ならやっぱり電話でのサポートがついている業者をおすすめします。

接見での打ち合わせはそれほど重要ではない

打ち合わせはお互いの顔を合わせて、ということにこだわる気持ちは理解できます。しかし、「会う」ことだけが、制作を進行させる効率やできあがるホームページの質に有利に働くとは限りません。

会うためには、制作側も依頼側もわざわざ時間を準備する必要があります。移動のための時間もかかります。そのために制作作業が止まってしまうことも起こりえます。

会わなくても電話さえできれば、ホームページのできあがっていく様子をほぼリアルタイムにネット経由で確認できます。デザイナーと依頼者が双方のパソコンで画面を見ながら、あーだこーだ言いながらお互いの意図や意見を交わしあうのは、全然難しくありません。

といっても、規模が大きく、いろいろな分野から専門家が集い作戦を練りながら作っていくようなホームページの場合は、顔を合わせた打ち合わせが重要になることもあります。つまりは、作るホームページの規模によって、接見での打ち合わせが必要かどうかが決まるといってもいいでしょう。

個人的には、このページを見ているような個人事業や中小企業向けの小〜中規模のホームページを作りたい方にとって、接見での打ち合わせはあまり意味がないのではと思ってます。

問い合わせをしてみる

これまで上げたポイントを検討し、気になった業者がいれば遠慮せずに電話をかけてみましょう。メールより先に電話をおすすめするのは、電話口の対応のうまさが制作会社の業務の質も表すからです。

声の第一印象は意外と重要です。暗かったり、聞き取れなかったり、ネガティヴな印象を受けた相手との、この先長く続くやり取りは心配です。質問に対して専門用語の連呼が返ってくるような場合も避けておいたほうがいいかもしれません。

ベストなのは、こちらが質問したいこと、相談したいことを引き出してくれるようなしゃべり方をする相手です。電話だけで全部を判断するのは難しいですが、最低限、明るくハッキリとした口調で無礼な印象を受けないところを選んだほうがいいですね。

3社ほど相見積もりを取る

こうして、めぼしいところが3社ほど見つかれば、見積りを依頼します。見積もり依頼時に注意することは下の記事で書きました。

ホームページの見積もりを依頼するときの方法、何を注意すればいいの?

どんなホームページにしたいのかを箇条書きでも構わないので最初は簡単に伝えます。デザインや構成の参考になるサイトを添付して、大体の予算を伝えれば、その予算の範囲で最善の企画を制作会社が練ってくれます。

返ってきた見積りを比較するときは、単純に値段だけを比べるのではなく、見積もりに至るまでの対応の仕方や料金の内訳にも注意して比較します。

ホームページの制作費は作業の質と量で決まることは先に言った通りです。しかし、作業をこなす制作会社の技術力や工夫によって、同じ金額でもできる作業の質と量が変わります。つまり同じクオリティのものを作ったとしても、制作会社によって値段が変わるということです。コストパフォマンスが違うということですね。

そのため、必ず金額の中にどんな作業が含まれているのか、内訳を確認します。内訳には、専門用語が並んでいることも多いですが、わからない項目については遠慮なく質問しましょう。それで嫌な顔をするような業者は依頼先として失格です。お客様の目線に立って、わかりやすい言葉で説明してくれるところを選びます。

以上、ホームページの制作会社を選ぶコツ、比較のポイントについて書いてきました。参考になれば幸いです。

格安・月額無料のホームページの作り方はこちら

【ビジネスパック】

実は私たちも「ビジネスパック」というホームページ作成サービスを提供しています。予算にあまり余裕がない個人事業主さま・中小企業主さまへ大変好評をいただいてます。初期費用90,000円、月額費用は不要です。価格だけでなく品質にもこだわってますので、ぜひ一度ご検討よろしくお願いいたします。

詳しく見てみる

ビジネスパックの特長

安くて高品質なホームページの作り方はこちら